ポイントは3つ!カードローンを作るなら、ローン会社をきちんと比較。

ローン会社の選択はとても大事です

カードローンを申し込む時、あなたは何をポイントに選んでいますか?ローン会社の違いがいまいちわからず、比較しないまま目についた会社へ申し込んでしまう傾向がありますよね。

メディアでも有名なローン会社でしたら大手ですから、その分危険性も少ないといっていいでしょう。

しかし出来ればきちんと比較をし、好条件のカードローンを作りたいと思いませんか?

その為にどの様な事を頭に入れて比較すると良いのか、考えてみましょう。そうすればあなたにとっての好条件のカードローンが作れますよ。

比較する為のポイントとは?

一番重要なのは当然でしょうが金利。これは誰しもが気になる所、必ず確認していると思いますが、ここで注意しなければならない事があります。

金利を細かく見ていくと、上限金利と下限金利があります。どちらかというと下限金利、これは金利の中の最低値ですが、この値の方をつい見てしまいます。

一番安い金利を探すのも大切ですが、ローン会社の中でも上限金利と下限金利があり、あなたが借り入れする場合どの金利に当てはまるのかきちんと見なくてはいけません。

これはカードローンを作るのでしたらとても重要な事です。作る前にきちんと把握しなくてはいけません。

そしてもう一点重要な事があります。それは返済日。返済日は会社によって違います。

申込者自身が設定された日にから選べるものから決まったサイクルの中で自由に返済していくものまであります。

給料日と良く照らし合わせて、確実に返済できる日にちを設定しなければ大変です。もし返済できない月があれば、その影響はあなたのその後に大きく関わってくるのですから。

もう一度言いますが、返済日は重要ですよ。

最後に重要な事をもう一点。これは貸付枠です。

沢山借りれるならそれに越したことはありませんよね。しかしこの貸付枠の上限が高くても、金利が安い保証はありません。

ですからあなたがどれだけあれば足りるか考え、その金額内で金利をチェックしバランスをとる事が大切です。

安心してカードローンを作りましょう

即日で借りられるカードローンはたくさんあり、それぞれ顧客獲得のために様々なプランを提供しています。
こういったものについつい目を奪われてしまうのも分かりますが、今回挙げた3つのポイントが最重要です。カードローンを検討する時には、まずはこの3点をきちんと調べる事、それが大事です。

そしてこの3点がきちんとしていれば、優良なローン会社である可能性も高いのです。
もしお金が足りなくなったら、これらの事を抑えた上でカードローンを作ること、そうすれば大丈夫でしょう。

カードローンとキャッシングの違いと使い分け

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違いはわかりにくいのが現実です。利用している人でもその違いの線引きが曖昧で理解できていない人も多いのではないでしょうか。

違いがわからないと、使い分けをどうしたらいいのかもわかりにくくなります。
どちらか一方だけを使い続けて「失敗した・損をした」と思う結果になることもありえます。

そのようなことを未然に防ぐためには、両者の違いを理解しておくことが必要です。賢く両者を使い分けしていくために、簡単な説明をまとめましたのでご覧ください。

カードローンとキャッシングの使い分け方

ある程度の大きな金額を借り入れたいと計画している場合、特に悩む必要はないでしょう。カードローンを組んでいくことが一番望ましいと考えられます。
銀行系のカードローンは低金利ですので、返済が長期になる場合でも負担を減らすことができるでしょう。

カードローンは借入専門のローンです。借入に特化しているという特徴から、現金の借入を中心に考える場合はカードローンにメリットがあるでしょう。

金利・返済額などの面で融通がきくということも特徴です。

現金借り入れ優先ならば、カードローンを選択するほうがよいでしょう。

これに対して、キャッシングは借入メインで利用するにはあまり向いていません。カードローンと比較すると金利が高めに設定されており、借入枠の大きな拡張もできません。そのため、キャッシングはカードローンに比べて、長期的に返済していく計画を立てるのが難しいという面があります。

キャッシングの優秀なポイントは、クレジットカードに付帯している機能である、という点でしょう。

普段の買い物にクレジットカードを使用しながら、少々の現金がどうしても必要なときだけキャッシング機能を利用する。このような使い方をしていくと、クレジットカードのキャッシング機能をうまく使うことができるでしょう。

キャッシングは借入限度額があまり大きくとれないと書きましたが、それなりの枠を得ることができるのならば、カードローンとして利用することも考えることが可能です。

ただし、この利用方法は、返済などの点で不安が残ります。借入する回数が増えるならば、カードローンと併用して利用することも検討したほうがよいでしょう。

借入だけならカードローン

クレジットカードは買い物がメインのカードであり、そこについているキャッシングは現金借り入れには物足りない面がありますが、少額を借りるだけならば便利です。

対してカードローンは現金の借入に特化しています。借入だけを考えるならばカードローンがよいでしょう。

ただし、どちらを選択しても不足する機能はあります。

可能ならば、両者を用意しておく方がいざというとき役立つでしょう。

両者はそれぞれに違い・役割があります。わかりにくいかもしれませんが、それらを考えて使い分けを意識していきましょう。

無利息でも借りられる!?知れば納得無利息でキャッシングする方法

キャッシングするなら金利を低く抑えよう

どの金融会社もボランティアでお金を貸しているわけではありません。

ビジネスとして成り立たせるため、利率というものを付けて収益を得ているのです。
しかし探してみると無利息でお金を貸してもらえる「無利息キャッシング」というサービスもあるのです。

本当に無利息キャッシングはあるの?

親戚や友人などのように深い付き合いをしている間柄であれば、借金の申し込みに対しても相手の人柄を見極めたうえでお金を貸すことができます。

しかしカードローンの場合貸す側と借りる側に面識があるわけではありません。
そういう見ず知らずの相手に貸すから、利率というものを高めに設けて返ってこなかった場合に備えている面もあるのです。

しかしこの利率をなくしてしまうキャッシングなど本当にあるのでしょうか。

はい。本当に存在します。

最も有名な無利息キャッシングである「ノーローン」を例に無利息キャッシングについてこれから説明していきます。

「ノーローン」は消費者金融大手の「レイク」と同じ新生銀行と同じ系列のキャッシングサービスです。
ノーローンの審査はとても早く、ネット申し込みにも対応しているため、大変人気を集めています。

しかし何と言ってもノーローンの最大の特徴は1週間無利息でキャッシングができるということです。

しかもこれは何度でも利用することができるのです。

ノーローンでは借りてから1週間の間に返済することができれば利率は全くかかりません。

しかし返済が1週間を超えてしまった場合は通常のキャッシングよりも高めの利率、9.5~18%が付きます。

例えば給料日は3日後なのに、急に現金が必要になった、など短期間で返済できる見込みがある場合は最強のキャッシング方法と言えるでしょう。

もし返済が遅れて1週間を過ぎてしまったとしても、無利息キャッシングの枠内で見ればノーローンの利率はさほど高いわけではありません。

とても魅力的な「ノーローン」利用してみてはどうでしょう。

キャッシングを使い分けよう

このように給料日前など1週間後に返すあてがある場合は無利息キャッシングは大変便利なものです。

しかしどんな時でも無利息キャッシングが一番使いやすいというわけではありません。
返済に時間がかかってしまう場合、無利息キャッシングは利率が高めとなっているので無利息キャッシングで借り入れをするのは不利です。

返済に時間がかかると予めわかっている場合は別の低金利キャッシングを利用するなど、その返済方法でキャッシングも選ぶようにしましょう。

ブラックリストに載ってしまわないためのキャッシング利用方法

ブラックリストは存在する

ブラックリストという言葉を聞いたことがあると思いますが、実際に存在するのでしょうか?

もしお金を借りたのに返せなくなってしまった場合には「ブラックリスト」に情報が載ってしまいます。

このブラックリストというのは俗称で、信用情報機関に事故記録に載ってしまうことを一般的にこう呼んでいます。

金融機関は貸したお金を返済してくれない人物の情報をいわゆるブラックリストで共有することで、自分たちのリスクを最小限に抑えようとしているわけです。

ブラックリストに載ると不便

ブラックリストに名前が載ってしまった状態では、まず金融機関からお金を借りることができません。
どういうことをするとブラックリストに載ってしまうのかというと、借りたお金を返せなかったり、返したけど遅れてしまったり、あるいは債務整理や自己破産などの情報も共有されます。

金融機関としては、少しでも危険な人物にはお金を貸さないようにし、本当に信用できる相手にだけお金を貸すのが基本的な考え方なのです。

キャッシングを利用する機会は一度とは限りませんから、今後もキャッシングで不便を感じないためにも、きちんと返済をすることは大切です。

では、ブラックリストに名前が載ってしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか?
5年から10年程度でブラックリストの情報は削除されるようですすので、それまで待つというのがひとつの方法です。

しかし仮に5年だとしてもかなり長いですよね。お金が必要になってから何年も待つなんてことはまずできないでしょう。
他にもブラックリストに載ってしまった人を対象としたキャッシング会社も存在するようです。
もちろん、危険な人物にお金を貸すわけですから、相応に金利は高いですので注意が必要です。
大手のキャッシング会社がそういった分野に手を出していることはまずなく、いわゆる闇金と呼ばれる存在であることが大半ですので利用することはおすすめできません。

闇金というのは法律で定められた金利を守ったりしない違法な金貸しで、そこから借りるようにな状態にならないのが一番です。

安全にお金を借りよう

あまりキャッシング利用経験がないのであれば、大手のキャッシング会社を利用してみましょう。

まったく利用実績がないのも、逆に金融機関は信用しませんが、もちろんブラックリストに載っている人物よりは信用されますので安心してください。

最初はそれほど好条件で利用できないかもしれませんが、使い続けていれば少しずつ好条件でお金を借りられるようになっていきます。

また学生や主婦など、特定のターゲットに特化したキャッシングサービスもありますので、積極的に利用していきたいですね。

安全なキャッシング会社からお金を借りて、きちんと返済をするだけで、ブラックリストとは無縁の生活を送れます。

ブラックリストに名前が載ってしまうと撤回するのが困難ですので、最初から返済のプランを立てておき、返せないということがないようにしましょう。

ピックアップ!!新宿にある街金ライフティとは?

融資比率が非常に高い、新しい街金

私的にちょっとオススメしたい、金融会社があります。

東京都新宿区にある街金のライフティは消費者金融としてはまだ新しい会社です。ネット専門で融資を行っている街金で、元々は信販業務の会社でした。

新しい会社なのでまだ知名度は低いですが、その部分をメリットに変換して今が飛躍の街金になっています。
というのは、知名度が低い分新規顧客獲得に向け積極的に融資をしようとしています。

そのおかげで審査がだいぶ甘くなっていますから、急いで借り入れをしたい方は今がチャンスです。しかも、貸金業者としてきちんと登録済みなので、正規業者から借りられる安心感があります。

借入先をいろいろと探しているのであれば、とりあえずライフティを優先してチェックすることをオススメします!

条件も有利なのが新しい街金の魅力!

一般的な街金では借り入れ額は1万円単位というのが多いですが、ここライフティではなんと1000円単位での借り入れが可能になっています。少額利用もできるので、ほんのちょっと必要なときに小回りが利くのもいいですね。

さて、ライフティへの申し込みですが、ネット専門の街金なので、パソコンやスマホを利用して申し込んでください。フォームに必要事項を入力すれば、完了メールが届きます。

あとは本人確認書類を送るだけです。その後、契約関係書類が自宅に届き、指定口座に借り入れ金が振り込まれます。

さらに急ぎの場合は審査完了時に連絡を入れるともっと迅速に対応してくれます。

返済は実店舗も自動契約機もないので、指定口座に振り込んでいかなければなりません。現状はまだコンビニATMとも提携なので、少し面倒ではあります。

ライフティの利用のコツは、返済期間が短いので、少額で借入したり一括で返済するようにすることです。利息などの負担をできるだけ回避し、賢く返済ができるでしょう。